ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ユズ

2016年07月17日 09:31

ユズ Citrus junos ミカン科ミカン属 (スダチ、カボス、ハナユ、シークヮーサー、シークワーサー)

                                         
特徴
柑橘類のなかではとくに耐寒性が強く、広い地域で栽培が可能です。栽培も容易です。
柑橘類は致命的な病害虫がなくて育てやすく、温暖化で栽培可能地域も広がっているので注目の果樹です。とはいえ、耐寒性がすべて同じではないので、注意が必要です

年間スケジュール(NHK出版 みんなの趣味の園芸より引用)
ユズ

管理のポイント
日光を好むので、日当たり良好な場所に植えます

・水やり

土質や種類にもよりますが、夏に日照りが続くようなら必要です。幼木を早く大きくするには、夏に水やりして夏枝をよく伸長させることが大切です

・施肥

3月、10月に有機質肥料か速効性化成肥料を施します

・病害虫

害虫:カイガラムシ類、アブラムシ類、カミキリムシ、エカキムシなど
害虫では、カイガラムシ類、アブラムシ類、カミキリムシ、エカキムシなどに注意が必要です。なかでも、幼木を早く大きくするには、エカキムシの防除は欠かせません

おもな作業
・剪定

基本的に収穫後の3月上旬から4月上旬にかけて行います。樹形は一般の果樹同様、開心自然形とし、ゆったりとした樹冠内部まで日がよく当たる樹形をつくります。毎年結実させるには、果実を収穫したあとである果柄枝と春枝などがほどよく交じり合っているような木にすることが大切です。前年にあまり結実しなかった木では、夏秋枝の一部を春枝のところまで切り戻して、予備枝をつくることが大切です。この剪定は、できれば10月ごろ行います

・摘果

未熟なうちから果汁を利用できるので、摘果を兼ねて早くから果実を利用します

・収穫・貯蔵

品種により熟期が異なるので、それぞれの品種で適期に収穫します。多くは果汁の酸味を利用するので、果汁が多くなったら、酸味が少なくならないうちに収穫します。使いきれない場合は、冷蔵庫で保存します。スダチなどは、収穫後、果皮がしんなりするまで水分を抜いてから貯蔵すると、長もちします

スポンサーサイト

ヤ行 コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

azuref3

Author:azuref3
静岡県三島市の植木屋 愛樹園 小林光次です。植栽した植木等の日常の管理ポイントをまとめています。お客様が参考にしていただけると嬉しいです。内容は日々充実させていきたいと思います。(コピペで作成していますので、引用先は明記していきたいと思います)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。