FC2ブログ

ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

コウライシバ

2015年11月27日 21:59

コウライシバ(高麗芝) Zoysia pacifica イネ科シバ属

特徴
日本芝と呼ばれる在来の芝の一つです。東北以南の個人庭園や公園でもっとも利用されている芝種です。 地上および地下ほふく茎を有し、芝質がきめ細かく、美しい芝生を造ります

管理のポイント


植え付け時期による注意点(秋に芝を張った場合)
初秋以降に芝張りをする場合は、完全に芝が土に根付いていない状態で冬を迎ることになります。芝が土に根付ていない場合は、なるべく芝生の上を歩かないようしてください

散水作業
散水を行う場合は、床土が湿るくらいまでしっかりと水を与えてください。
張ったばかりの芝は乾燥しやすいため、水管理がポイントとなります。季節にもよりますが、2週間位は芝生を乾燥させないように、散水を行ってください。とくに、夏場に芝生を張った時には、2週間ほど毎朝夕涼しい時間帯に散水をするように心がけます

水やりの頻度
芝生は、水不足になると葉の緑色が失われ、やがて枯れてしまいます。水やりすぎは良くありませんが、芝生を乾燥させないようにします
春には3~4日に一度ぐらいで、夏場には基本的に毎日水やりをしてください(環境や天候によって調整)。11月-2月は芝は休眠期で水やりは不要です
とくに酷暑の時期、しかも雨の降らない日が続く時は、朝晩の水やりは欠かさないようにしてください。芝生は、湿気がありすぎても、乾燥しすぎてもうまく育ちません。とくに気温が高い状態で水が不足すると、枯れ始めます

目土入れ
芝芝の厚さなどで不陸(凸凹)があるとき、春の萌芽期に目土(ふるった土)を入れ再度整地します

芝刈りの頻度
美しい芝生を作るためには、こまめな芝刈りにかかっています
「長くなったから刈る」のではなく、美しい芝生を保つために成長に合わせて、こまめな芝刈りを心がけてください。芝生が良く成長する5~9月は少なくとも月4回、春・秋は伸び具合によりますが、2~3週間に1回くらいは刈っておいたほうが良いです。頻繁に芝刈りをすることで、芝が密になり、美しい芝生になるばかりでなく、雑草の侵入も防ぐことが出来ます。また、芝刈りができず長く伸びてしまった場合は、一度に刈らず、数回かけて徐々に低く刈っていきます。一気に短く刈ると、軸刈りになってしまい緑がなくなり緑の芝生に戻すのに時間がかかります。全く伸びない冬は刈る必要はありません

スポンサーサイト

カ行 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://azuref3.blog.fc2.com/tb.php/26-5d54e65c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

azuref3

Author:azuref3
静岡県三島市の植木屋 愛樹園 小林光次です。植栽した植木等の日常の管理ポイントをまとめています。お客様が参考にしていただけると嬉しいです。内容は日々充実させていきたいと思います。(コピペで作成していますので、引用先は明記していきたいと思います)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。